2018年09月21日

安倍総裁三選目の悲劇

安倍氏曰く「一度出来上がったイメージはなかなか払拭できない」
モリカケ問題も未解決事件としてお蔵入り、安倍昭恵夫人のモリカケに絡む金銭問題も棚上げ。これは出来上がったイメージなんて軽いもんじゃなかろうに。
自ら作り上げた消せない事実のはず。
というか、昭恵夫人はまだテレビ出演してるんだね。ネタ欲しさに追う報道も大概だが。
あれだけ世間を騒がせて叩かれて尚、夫の頑張りを切々と語る夫人も、安倍首相本人も凄い神経ですね。
厚顔無恥というのは、この事か。
未来の日本を担う子ども達へ。
今の日本ではならないで欲しい悪い手本の様な大人が多くあるが、それが全てではない。
金の亡者、汚い政治家の世界とはかけ離れたボランティアという無償の奉仕活動に汗水垂らして報われずとも、見返り求めず勤しむ大人達もいるのです。
どうか、そうした大人の背を追って欲しい。
神風連より切なる願いです。

posted by ほっこ・しげはる at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 現実世界

2018年07月01日

先人たち

凄惨な事件が立て続けに起こり、重たく暗い世になって参りました。
かつての戦いは、生き残るためのものだったり、または民族同士の思想的な衝突だったり、なにかしら理由が明確なものではあったかと思います。其々の言い分はありましょうが。
我が国の先人達の掲げた武士道や神道といった日本独自の主義主張を神風連の首魁ともいえる林大人の和歌より、じわじわと感じられればと思います。

わかともは こころある人ぞ行先の
        道の神々守て給へ    有道(林櫻園の名)

己のことだけではなく、国の事、そして身近な人々をもっと大事にしましょ・・・
必死に生きて、国のため、日本人の為に身を粉にして奮闘し尽くした、全ての日本人に申し訳が立ちません。
という事で、明日から再び頑張りましょう!

posted by ほっこ・しげはる at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神風連

2018年05月09日

自然災害が多過ぎる

火山噴火情報に、震度5クラスの地震、土砂災害と、この数年間、、いわゆる周期と呼ばれる期間に入ってこのかた天災に見舞われる地域が増えています。
それこそ、日本全国津々浦々。小さな島国、日本。最早、どこに居ても同じ狭い領土内で、続く天災に、根本的な解決などあるのでしょうか。立ち並ぶ高層ビル群や工業施設。件の原子炉もそう。
発展とともに対応策もなされてはいますが、やはり自然には敵わないところも多々。
連休明けでまだまだ災害や人災もやむところを知らずという昨今。
進化し続ける科学技術に比例して病んでいく人間問題にも一人一人が向き合わねばならない時代が来たなと感じます。゚(゚´ω`゚)゚。
スマホ病なんて言葉も出て来てますからね。

posted by ほっこ・しげはる at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記