2018年07月01日

先人たち

凄惨な事件が立て続けに起こり、重たく暗い世になって参りました。
かつての戦いは、生き残るためのものだったり、または民族同士の思想的な衝突だったり、なにかしら理由が明確なものではあったかと思います。其々の言い分はありましょうが。
我が国の先人達の掲げた武士道や神道といった日本独自の主義主張を神風連の首魁ともいえる林大人の和歌より、じわじわと感じられればと思います。

わかともは こころある人ぞ行先の
        道の神々守て給へ    有道(林櫻園の名)

己のことだけではなく、国の事、そして身近な人々をもっと大事にしましょ・・・
必死に生きて、国のため、日本人の為に身を粉にして奮闘し尽くした、全ての日本人に申し訳が立ちません。
という事で、明日から再び頑張りましょう!

posted by ほっこ・しげはる at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神風連

2018年03月11日

ヤバイ

最近神風連の記事全然書いてないなぁ。
ものすごく古い資料を手に入れたのですが、読めてない今日この頃。
加屋先生があまりイケメンではなかったという事ぐらいしか分かりません(苦笑)
しげはるさんに無理矢理頑張ってもらおうかな…

posted by ほっこ・しげはる at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 神風連

2018年01月28日

現在の神風連関連記事

太田黒伴雄先生が宮司をつとめられた新開大神宮が、後継者問題でピンチだそうです。
次の宮司は女性だそうですよ。
加屋先生が宮司をつとめられ加藤神社は参拝者がいっぱいで安心です。有名ですもんね。
未だに震災の爪痕が残る熊本ですが、神風連資料館を始めとする様々な史跡の復旧を願っております。


posted by ほっこ・しげはる at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 神風連