2018年07月01日

先人たち

凄惨な事件が立て続けに起こり、重たく暗い世になって参りました。
かつての戦いは、生き残るためのものだったり、または民族同士の思想的な衝突だったり、なにかしら理由が明確なものではあったかと思います。其々の言い分はありましょうが。
我が国の先人達の掲げた武士道や神道といった日本独自の主義主張を神風連の首魁ともいえる林大人の和歌より、じわじわと感じられればと思います。

わかともは こころある人ぞ行先の
        道の神々守て給へ    有道(林櫻園の名)

己のことだけではなく、国の事、そして身近な人々をもっと大事にしましょ・・・
必死に生きて、国のため、日本人の為に身を粉にして奮闘し尽くした、全ての日本人に申し訳が立ちません。
という事で、明日から再び頑張りましょう!

posted by ほっこ・しげはる at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神風連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183691189

この記事へのトラックバック