2017年02月10日

トランプ政権以降

イスラム圏7カ国国民らの入国を一時禁止した米大統領令を暫定的に差し止めたシアトル連邦地裁命令の是非をめぐり、サンフランシスコ連邦高裁は9日午後、地裁命令を支持し、トランプ政権側からの取り消し請求を退けた。(時事通信より抜粋)


これに対して、トランプ大統領の反撃は「ツイッター」でした。

娘イヴァンカ氏の業績不調な百貨店の対応に対しても、反論はツイッター、そもそも自身の家族擁護を大統領となった今も堂々と公的にツイートするというのも思惑がどうであれ一国の長として如何なものか・・・。

我が国もツイッターはともかく似たり寄ったりなところはありますが、公式の場での発言などは慎重にお願いしたいものです。


しばらくは発言をめぐり様々な論争もありましょうが、皆様今は只管静観につとめましょう。。


posted by ほっこ・しげはる at 20:30| Comment(0) | 現実世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: